看護師がいつのまにか保育サポートに?!

ftghyuij

ftghyuij

保育園によっては、看護師を配置しながらも、
どういう扱いとするのかという点では、
不明確な場合があるんです。

例えば、主に保健室で仕事をすることになるのか、
積極的に保育に参加する必要があるのかという点など、
明確な線引きがないんですね。

 

もちろん、保育の中心は保育士なのですが、
看護師はこども達の様子を常に観察する必要がありますので、
保育に参加することもあります。

保育に参加するのであれば、
保育士のような勤務も可能なのではと、
多くの保育士が疑問に感じることがあります。

 

働く事になる保育園での自分の立ち位置については、
しっかり確認する必要がありますよ。

自分では看護師として勤務しているつもりでも、
いつの間にか保育士のサポート役になってしまった
という場合も実際にあるんです。

 

保育園に看護師が配置されるようになってから、
まだそんなに年数が経っていません。

今までは看護師が行っている業務を、
担任が行っていたという事も多いんです。

 

そのため、特に看護師の必要性を感じないという保育士も居ますし、
園自体が看護師が居る事に慣れていないこともあります。

服薬管理に関しても、
看護師が居るのであれば看護師が行いたいと思いますよね。

 

ですが、今までの通りに
保育士が管理していることもあるんですよ。
緊急時の連絡も看護師ではなく、保育士が行う事があります。

どのような仕事をするのか、
どこまでを看護師に任せるのかという点は、
あらかじめ話し合う必要があります。

 

 

保育園の看護師になりたい!

fuihwet

fuihwet

保育園に看護師が配置されるようになってから、
数年が経ちました。

中には、保育園に勤務する看護師になりたい!
と、初めからここを目標としている看護師も居ます。

 

では、保育園で看護師として勤務する際に、
どのような資格を取得しておくべきなのでしょうか。

まずは、看護師としての看護師免許は必須ですよね。
看護師の免許は国家資格で、
看護学校を卒業してから国家試験を受験し、合格する必要があります。

 

看護学校には3年から4年程度通うことになりますので、
優先順位としては、まず看護師免許の取得を目指すべきでもあります。

保育園に勤務する看護師となるためには、
この看護師免許さえあれば大丈夫なんです。

 

ただ、保育に関する知識も持っていたほうが良いために、
看護師免許取得後に、
保育士の資格を取得するというのはおすすめですよ。

保育士の資格は、厚生労働大臣が指定する学校に通学するか、
年1回の保育士試験に合格することによって、取得することが出来ます。

 

保育園に看護師として勤務しつつ勉強し、
試験に挑むということも可能です。

 

看護師免許を取得してからすぐに保育園に勤務するよりも、
こども達特有の感染症の知識を身につけたり、

とっさの判断力を身につけるために、
臨床を経験しておくこともおすすめですよ。

 

 

採用に際し有利となる資格ってあるの?

iuyfduv

iuyfduv

保育園で働く看護師の仕事というのは、
とても人気のある仕事です。

求人が出ると応募が殺到するとも言われていますよ。
そうなると、その高い競争率の中から
選ばれなくてはなりませんよね。

 

では、選ばれるためにはどうすればいいのでしょうか。

看護師の資格プラス、別の資格もあるとなれば、有利になります。
保育園に勤務するにあたり、
圧倒的に有利となる資格といえば、保育士の資格です。

 

医療従事者としての看護師の資格と、
保育の専門家である保育士の資格があれば、
保育園側としても安心して雇用することが出来ますよね。

普段は看護師として働きながらも、
積極的に保育に参加していくことが出来ますので、
こども達にとっても安心できる存在となります。

 

保育士の資格以外にも、保育に関する資格があります。
その一つが、チャイルドマインダーです。

通学したり通信教育などを受講することで、
受験資格を取得出来ますよ。

 

保育士の資格と比べて、受験しやすく合格率も高いために、
看護師プラスαの資格としておすすめです。

他にも、ベビーシッターや子育てアドバイザー、
チャイルドセラピストといったように、
保育に関する資格は多くあります。

 

採用により有利となるためにも、
何かプラスαとなる資格を取得することを
検討してみるといいかもしれませんよね。

 

 

保育園看護師に求められる人物像とは

mfuighet

mfuighet

保育園に勤務する看護師に求められる人物像とは、
どのようなものだと思いますか?

やはり、まずはこどもが大好きだという人物が挙げられます。
仕事中のほとんどの時間をこども達と過ごすことになりますので、
こどもが苦手という看護師であれば、勤務は難しくなりますよね。

 

また、看護師として幅広い知識を持っている人物である
ことも重要です。

日々の業務のほとんどがこども達の健康管理なのですが、
病気の予防に関する知識を教えたりすることもあります。

 

これは、保護者の方や保育士に対しても、
正しい知識を伝えることが重要ですよね。

積極的にコミュニケーションをとりつつ、
正しい知識を伝えていけるような人物でなくてはなりません。

 

保育園に通うこども達は、未就学児ですので、
かなりの低年齢のこども達となります。

この年代のこども達の特徴としては、
免疫力や抵抗力が低いという点があります。

 

インフルエンザやノロウィルスなどの感染症が発症した場合、
瞬く間に広がってしまう可能性があります。

そのような事にならないように、防疫を行い、
衛生管理を徹底させることが出来る人物でなくてはなりません。

 

こども達の思いもよらぬ行動や、それに伴う怪我や病気などに、
とっさの判断で対応できる人物というのも求められているんですよ。

 

 

保育園の看護師が人気が高い理由とは

kwiut

kwiut

保育園というのは、
保育に欠けるこども達を保育していく施設です。

この開園時間というのは、その施設によって異なります。
ですが、中には24時間対応という保育園もあるんですよ。

 

ただ、病院とは違い、
24時間看護師も対応しなくてはならないという事ではありません。

大体の場合、日勤のみとなり、
夜間は看護師が不在という保育園が多いんですね。

 

土曜日も開園しているという保育園はありますが、
看護師が出勤する必要があることは少なくなります。

基本的には平日のみの勤務となり、
勤務時間は朝7時から夕方5時頃までとなります。

 

翌日の保育の準備などは保育士が行いますし、
残業をすることは少ないんですよ。

とはいえ、自分の仕事が残っていたり、
健診の季節などであれば、その準備のための残業はありますよね。

 

保育園で勤務する看護師は、比較的決まった時間内に勤務し、
平日のみの日勤の仕事です。

トータルで見れば待遇が良く、条件も良いために、
給料は少し低めとなっていることが多くなります。

 

病棟看護師のように夜勤があることも無く、
残業が多いということもありません。

専門性が強い仕事であるわけでもないために、
月に24万円程度というのは妥当だと感じられます。

 

給料は低めとはいえ、人気がある理由には、
このような事があるんですね。

 

 

保育園看護師の給料と仕事内容

fmoiweht

fmoiweht

保育園で勤務するという事は、
あまり馴染みのない働き方ですよね。

どのような待遇で働く事になるのかという点は、
とても気になると思います。

 

まず給料面ですが、月収が約24万円程度、
年収が350万円前後となります。

病棟勤務の看護師の平均月収が30万円前後、
年収480万円前後とされていますので、比べるとかなり低くなります。

 

ですが、この月収が妥当かどうかという事については、
仕事内容や条件などを確認してみなくては分かりませんよね。

保育園での看護師の仕事には、
どのようなものがあるのでしょうか。

 

まず、保育園に通うこども達の健康管理を行います。
そして、こども達だけではなく、
全てのスタッフの健康管理も担っていく事になりますよ。

さらに、保育園では長時間保育が行われますので、
それに伴い投薬管理などもあります。
看護師が居ることによって、投薬管理が適正に行われる事になります。

 

保育園内の衛生管理、防疫、感染症予防なども重要な仕事です。
保育園では、実際に通うこども達だけではなく、
その保護者の方との関わりもあります。

保健指導や怪我・病気の際の説明や対応などがありますよ。
保育補助という仕事もあります。

 

看護師としての技術や知識が必要となる病棟勤務とは、
随分異なりますよね。

病気の患者さんを対象としているわけではない分、
気持ちの面では少し楽だと感じる看護師も多く居ます。

 

 

保育園や認定こども園での仕事は?

mdiuht

mdiuht

保育園というのは、児童福祉法に基づき
設置されている児童福祉施設です。
管轄は厚生労働省です。

保育に欠けているというこども達を保育していくのが、
この保育園なんですね。

 

幼稚園と比べ、預かり時間も長くなりますし、
施設によっては24時間開園している保育園もありますよ。

小学生以上のこども達が放課時間を過ごすために、
学童保育を行っているところもありますよね。

 

保育園は保育士の資格がなくとも保育に携わることが出来ます
そのため、看護師も積極的に保育を行う事が多く、

特に医療的配慮が必要となることが多い、
乳幼児の保育補助を行っていきます。

 

看護師としての役割の他に、
このような保育補助の仕事があるんですね。

最近では、認定こども園という施設もありますよね。
幼稚園と保育園の良い部分をあわせた施設となっており、
保育に欠けるという理由がなくとも通うことが出来るという点が特徴です。

 

預かり時間は保育園と同様の長時間となるのですが、
認定こども園の幼稚園的なカリキュラムの中での保育には、
携わる事が出来ません

その後の保育に関しては、関わる事が出来ることもあります。
カリキュラム中は、看護師の仕事に専念することが出来、
その後は積極的に保育補助に入る可能性が高くなります。

 

 

幼稚園での看護師の仕事はどんなこと?

fytg

fytg

小学校に通う前に、小さな社会生活を送る場所として、
保育園や幼稚園、認定こども園といったような施設があります。

外部から見ていると、どこでも同じように感じる
これらの施設ですが、実はとても大きな違いがあるんですね。

 

特に、保育園と幼稚園は、
そもそもその成り立ちから、保育内容などがかなり異なっています。

幼稚園というのは、文部科学省の管轄にある教育機関です。
保育の時間というのは、1日4時間程度となり、
3歳以上のこども達が通うことになります。

 

長期連休もありますし、土日や祝日は、
学校と同じように休みとなるところが多くなります。
勤務は朝8時から夕方5時頃までとなるのが一般的です。

また、幼稚園での保育者は、
幼稚園教諭免許状を取得している人のみが行う事が出来ます

 

保育園のように誰でも保育をすることが出来る
というわけでは無いんですね。

看護師として勤務する場合、
基本的にはこども達や幼稚園のスタッフの健康管理、
園内の防疫、感染症対策が仕事となります。

 

保健衛生活動なども行いますよ。

1日の多くを保健室のようなところで過ごし、
事務仕事なども行います。

 

こども達と触れ合うのは遊びの時間となり、
クラス活動などに関わることはほぼありません。

 

 

出来れば避けたい!クレーム・トラブルの処理

mfkjhaet

mfkjhaet

今社会で問題となっている事として、
クレーム処理やトラブルの処理などがあります。

保育園では、こども達の保護者の方の中に、
クレーマーやモンスターペアレントと呼ばれるような人も
居る可能性がありますよね。

 

このようなクレーム・トラブルといったものは、
出来れば避けたいものとなります。

ただ、保護者側としても、
見えない部分についてはかなり不安を持っている人が多くなります。

 

不安に思っていることが、だんだん不信や不満に変わると、
トラブルやクレームへと繋がるんですね。

つまり、保護者の方から見えない部分というものを、
できるだけ見えるようにすることが大切です。

 

看護師としては、ほけんだよりや見送り・お迎えの際に、
こども達の気になる部分を説明し、
配慮が必要となる場合にはメモを渡すというような事が必要です。

不安に思うことをいつでも聞いてもらえるというように、
保護者の方に感じてもらう必要がありますよね。

 

こちらが対応をしても、
どうしてもクレームやトラブルに繋がることもあります。
その場合、まずは冷静に、そして誠実に対応する必要があります。

一人で解決しようとせずに、
保育士や管理職員に同席してもらうことも大切ですよ。

 

会話の内容はメモを取らせてもらい、
改善できることと出来ないことに切り分けをしたり、
安易な約束をしないようにしましょう。

話を聞き、共感する姿勢をとりつつも、
事実のみを冷静に話すということも必要です。

 

 

保育園の看護師の仕事ってどんな感じ?

nhyudty

nhyudty

保育園はどのようなところかは、ご存知ですよね。
一日のうちに家庭で過ごすよりも保育園で過ごす時間の方が長い、
というこども達が多く居ます。

その事を考えると、こども達にとって、
保育園で過ごす時間というのはとても重要なものですよね。

 

保育園には、大体の場合看護師が一人のみ
ということが多くなります。

たった一人で、0歳児から6歳児のこども達の健康管理を行い、
更に保健衛生や看護などの仕事をおなすことになります。

 

保育園の規模によっても異なるのですが、
園児が多い保育園では、把握すべきことがとても多いんですね。
もちろん看護師一人では、難しいという事がたくさんあります。

そのため、保育士と連携をはかることが重要なんです。
逆に、保育士から頼まれれば、
保育のお手伝いをすることも必要ですよ。

 

こども達と触れ合いつつ、看護師という存在を認識してもらうためにも、
保育園全体を動き回るという時間の方が長いんですね。

では、1日のスケジュールはどのようになっているのでしょうか。
まず、午前中にこども達が登園します。

 

0歳児の沐浴、着替え、ほけんだよりの作成などに加え、
こども達と一緒に遊ぶというのも仕事です。

お昼ご飯はこども達と一緒に食べ、
投薬が必要なこども達には薬を飲ませます。

 

休憩の後、午後からはクラス活動やお昼寝の時間があり、
お昼寝の後には検温を行います。
こども達が帰る頃には、1日の記録をつけていきます。

気になるこどもが居た場合には、お迎えにきた保護者に対し、
説明をしていくという事も、看護師の重要な仕事ですよ。